メアリーロバートだけ服装違うのなぜ?修道女になるための道って険しいの?

メアリーロバートだけ服装違うのなぜ?修道女になるための道って険しいの?

映画「天使にラブソングを」でソロパートを
歌っているシスターのメアリー・ロバート
ですが「あの歌の上手い人かわいい!」
と話題になっています。

ところで、あのメアリーロバートだけ
他のシスターと服装(衣装)が異なっているのは
どうしてなのでしょうか?
何かカトリックで特別な決まり事でも
あるのでしょうか?

こちらのブログ記事では、修道院での
修道女の服装の違いやシスター(修道女)に
なるためにはどのくらいの期間が必要
なのか?などについて色々書いています^^

「天使にラブソングを」のメアリーロバートだけ服装が違うのはなぜ?

「天使にラブソングを」のメアリー・ロバート。
他のシスターよりもひときわ目立っていたのは

若い。いう事もありますが

それだけではなく、

服装(修道服)がひとりだけ違ってましたよね?

あれ、

みーーーんな思ってましたよね?

なんで??

髪の毛も
他のシスター達と違ってベールの中に隠さずに
外に前髪を出してベールをかぶっています。

一体なぜなのでしょうか?

その理由は・・・

わかりやすく言うと、

シスター(修道女)になるための

見習い期間中だから。

なのだそうです。

「天使にラブソングを」は
カトリック系の教会を舞台にしたお話しなので

あくまでもカトリック系の場合で言うと

あのデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)
が着ているような修道服は、
長い長い見習い期間を経て

正式なシスター(修道女)となってから
はじめて着る事ができる修道服なのだそうです。

という事は・・・冒頭で私は


「シスターのメアリー・ロバート」


と言ってしまってますが、

正式にはメアリー・ロバートはまだ

「シスター(修道女)」ではなかった。

という事なんですね≧≦

失礼しました;

修道女(シスター)になるための道って険しいの?

私みたいにのらりくらりと生きている
人間からすると、それはもう

修道院で修練されている方々は
修道女(シスター)になるために
気の遠くなるような修練をされています。

ちなみに、同じカトリックでも
修道会の会法によって
定められた期間は異なるようですが、

シスター(修道女)になるまでの
見習いの方々の修道生活の流れを
簡単にまとめると以下のような感じでした。
(※日本のカトリック教会における
修道生活を参考にしています。)

   ↓

修道院に入会
  ↓
志願期(半年~2年)※平均
  ↓
修練期(通常1〜2年)
  ↓
誓願(※)を宣立


・有期誓願期間
・3〜9年
・(修道会の会憲により異なる)


終生誓願(※)を宣立
  ↓
正式なシスター(修道女)に

シスター(修道女)になるためには
これだけ見てもおわかりのように

とーーっても長い期間の修練が必要だ
ということがわかります。

ちなみに「修練期」とは、コトバンクによると

カトリックで修道生活を希望する者が修道生活に入るに際して,その直接の準備として特別な宗教的訓練を受ける期間。

引用元:コトバンク-ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説-

とあります。

そして「志願期」とは、
簡単に言うと上記「修練期」に移るまでの
「準備段階」らしいです。

そして、上に誓願(※)という言葉が
出てきますが、

この誓願(せいがん)というのは

「3つの誓いを神様に誓う事」

を言うのだそうです。

そして、
この3つの誓いとは以下の事を指すそうです。

貞潔(ていけつ)の誓願(せいがん)
神さまと人々のために一生独身で奉仕する約束。

●清貧(せいひん)の誓願(せいがん)
自分のものを持たず、貧しく、神さまだけに頼って生きる約束。

従順(じゅうじゅん)の誓願(せいがん)
修道会の上長をとおして、神さまのお望みを知り生きる約束。

引用元:Laudate -修道生活豆知識-   

これだけの長い期間
修練を積む必要があることから、
正式にシスター(修道女)になるのは

早くても30歳を過ぎた頃になるのだそうです。

なるほど。

どおりで。

納得しました。

メアリー・ロバートは他のシスターと
比べると一番若いとはいえ

映画の中では見た目が20代後半くらいに
見えました。

実際にメアリー・ロバート役を演じた
女優のウェンディ・マッケナさんは
「天使にラブソングを」を撮影した
時にはすでに30歳を超えています。

これが私はとても不思議だったんですが、
今納得しました。

メアリー・ロバートが
シスターになるまでの修練期だと考えれば
年齢が30歳を過ぎてても決して不自然な
話しではない。という事なんですね。

へー。そーなんだー。

なるほどー。

と調べながら
私は「天使にラブソングを」の色んな
シーンを思い返していました。

シスターになる為には長い長い修練を
重ねて、しかもこんなにも厳格な世界で
生きていかなければならないのか・・・。
と考えると

そんな厳格で神聖な世界に

あのデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)

いきなり入っちゃって。

そして、
シスター(修道女)を目指す修練者にとっては
憧れとも言えるであろうあの

シスターの修道服

あろうことか!!

ペンギンみたいな格好

とか言っちゃってw  

あらためてスゴイな。あの人。

って思いましたね(笑)

「天使にラブソングを」メアリーロバート役の女優さんは誰?

「天使にラブソングを」の
メアリー・ロバート役の女優さんは

ウェンディ・マッケナ

というアメリカ・ニューヨーク出身の
女優さんです。

以下がウェンディ・マッケナさんのプロフィールです。

本 名:Wendy Rosenberg Makkena (ウェンディ・ローゼンバーグ・マッケナ)
生年月日:1958年10月4日
出生地:アメリカ合衆国・ニューヨーク州マンハッタン
身 長:170cm

2020年現在は62歳で、映画
「天使にラブソングを」が公開されたのが
1992年5月なので、撮影当時の
ウェンディ・マッケナさんは33歳ぐらい。
ということになりますね。

「天使にラブソングを」メアリーロバート役ウェンディ・マッケナの現在は?

ウェンディ・マッケナさんは
現在も女優として活躍されています。現在の画像がこちらです。
さらに綺麗になられてますね!

しかも若い!

この投稿をInstagramで見る

I am now accepting new acting students. My classes are small batch, highly individualized, and specifically geared towards each actor’s unique talent and personality; not one-size-fits-all. To be considered, please fill out the form on my website at the link in my bio.

Wendy Makkena(@wendy_makkena)がシェアした投稿 –

直近だと2019年に
ア・ビューティフルデイ・イン・ザ・ネイバーフッド
というトム・ハンクス主演のアメリカのドラマ映画に出演されています。

さいごに

余談ですが、
シスターになる前の見習い期間で

「志願期」の次に「修練期」がありましたが
メアリー・ロバートはどの段階だったの
でしょうか?

ここがよくわからなくて、

「志願期」の段階では修道服すら許されず、
「志願期」の者が修道女と活動を一緒にする
という事は考えられない為、


メアリーロバートの場合は

「修練期」だろう。

という意見がありますが、逆に

「志願期」を終えて「修練期」になると
修練者は白いベールをかぶるようになるので

白いベールじゃなくて黒のベールをかぶっている
メアリーロバートは

まだ

「志願期」だろう。

という意見もありました。

うーん。

一体どっちなんでしょうね??

映画カテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。