まだ結婚できない男8話の感想。面白いと思った場面リストアップ

まだ結婚できない男8話の感想。面白いと思った場面リストアップ

「まだ結婚できない男」第8話の面白かったと思うシーンをリストアップしてみました。今回は、英治と桜子の結婚式の回でしたね。桑野信介の感動スピーチに英治と桑野の深い絆(?)が垣間見れる回でした。あの場面はアドリブなのか?ハプニングなのか?気になったシーンも色々書き出してみました。

おもしろかったシーン

マトリョーシカのまどかと桑野のやりとり

有希江(稲森いずみ)のカフェにまどか(吉田羊)と英治(塚本高史)と桜子(咲妃みゆ)が集まっているところに桑野信介(阿部寛)が途中で入ってくるシーンがありました。

そして、桑野さんが座ったテーブルにはマトリョーシカが置かれていました。(飾り?)

ちなみにマトリョーシカってどれのことだっけ?と思った方のために。こんなやつです。

       ↓

マトリョーシカとは、大きさの違う人形を一番大きな人形を入れ子にしてまとめて収納して遊ぶロシアの民芸品です。

頭をパカっと開けるとまた人形が出てきて、また頭をパカっと開けるとまた人形が出てきて、・・それを繰り返して遊ぶのがこのマトリョーシカの楽しみ方。

そして、このマトリョーシカを使ってまどか(吉田羊)がふざけておばあちゃんになって桑野信介(阿部寛)に絡むシーンがありました。

その時のセリフ。
   ↓

まどか(吉田羊):「私も入れておくれ」
桑野(阿部寛):「誰ですか?」
まどか(吉田羊):「おばあちゃんです」
桑野(阿部寛):「おばあちゃんはいないんですこの家には」

-関西テレビ放送(まだ結婚できない男) のセリフより引用

吉田羊さんが人形遊びでおばあちゃんの声まねで演技をする時、阿部寛さんが笑いをこらえているような顔をしていて、

それが余計に笑いを誘ってしまうというシーンでした。

あの場面は二人とも笑ってしまってNG結構出たのでは?と勝手に想像してます。

桑野が部屋でひとり指揮をするシーンに切り替わる瞬間

桑野さんの隣人早紀(深川麻衣)の部屋で女子達が集まって食事をしているシーンで、最後に有希江(稲森いずみ)が桑野さんのことをウワサするシーン。以下。

有希江(稲森いずみ):「あの人はあの人なりに悩み事とかあるんじゃないの?」
まどか(吉田羊):「どうかなぁ??」

-関西テレビ放送(まだ結婚できない男) のセリフより引用

まどかが「どうかなぁ?」と失笑。

そんなのあるわけないじゃん、と思いつつも、いや、もしかしたら確かに桑野さんにも悩み事はあるのかも〜??

と、ふと桑野さんの事を思い浮かべるような表情をするまどか。

から・・・の・・

隣の部屋でひとり過ごす桑野さんの様子に切り替わるシーン。

実は何かに悩み、思いふけっている様子の桑野信介が現れるかと思いきや、

またまた音楽に合わせて

ひとり指揮

しかも、やっぱり

全力

で、ひとり指揮。

面白いですねー^^

心配無用でしたね。

それでこそ桑野信介。

メイドカフェに入るところ

桑野(阿部寛)さんが姪っ子が働くメイドカフェ(メイドリアン)に入るか入らないか迷っていて、やっぱりやめようと帰ろうとしているところに

中国人観光客の団体がなだれ込んできて、あれよあれよと押されてエレベーターに乗りこんでしまったというところ・・・

まるでコント。

桑野のために用意したまどかの原稿

まどか(吉田羊)が桑野(阿部寛)のために書いた結婚式のスピーチ原稿。月並みで型どおりの原稿にダメ出しをする桑野に対して、「私の言葉で、自分の気持ちを正直に書いてきた」というまどかのオリジナルのスピーチ原稿の内容が面白すぎました。

本日はおめでとうございます。私は幸せそうな英治君と桜子さんをちょっと憎らしい思いで見ています。どうして人生の先輩を差し置いて、こんなにいい出会いに恵まれたのか。前世でお地蔵さんに傘でもかけたんですか?

-関西テレビ放送(まだ結婚できない男) のセリフより引用

ははは( ̄▽ ̄)

ねたみ全開

しかも、傘地蔵ってww。

何気にちょこちょことボケを入れてくれるまどかさん。

しかも当の本人は大真面目。

面白いなぁー。。

結婚式場での桑野と英治のやりとり

結婚式場でのシーン。

まどかに依頼したスピーチ原稿がボツになり、結婚式のスピーチを自分で書くことになったんだと英治(塚本高史)に伝える桑野(阿部寛)に対して英治がツッコミを入れるところ。

「こうなったら自分でやるしかない」(桑野)
        ↓
「いや。普通でしょそれ。」(英治)
        ↓
「しかし、内容のあるスピーチをするためにはお前達の事をよく知る必要がある。」(桑野)
        ↓
「それはそうですね・・・って今ですか?」(英治)

-関西テレビ放送(まだ結婚できない男) のセリフより引用

桑野のボケと英治のツッコミがまるでコントw。

英治(塚本高史)のツッコミ。

上手いし面白いなー。

結婚式のスピーチの「3つの袋」

結局使うんかいw

というオチですね。

結婚式のスピーチの鉄板ネタ「3つの袋」を月並みだとさんざん否定しておきながら、

みんなが桑野のスピーチに感動して涙した直後に

「そんな二人に、今日は3つの袋を贈りたいと思います」

とスピーチする桑野さん。

桑野信介のキャラクターを壊さない。

決して感動の涙で終わらせないところがさすが。

このドラマのツボですね。

アドリブ?アドリブじゃない?と思ったシーン

まどかがビールをこぼすところ

桑野さんの隣人早紀(深川麻衣)の部屋に女子達が集まって食事をしている時、まどか(吉田羊)が缶ビールを開けようとしたら泡が吹き出てきてダラダラとビールをこぼすシーンがありました。

ハプンング?と思って何度も見てしまいましたが、どうやらハプニングではなさそうですね。ティッシュは取りやすい位置に置いてあるし、ビールを拭きながらうまくセリフは続くし。

まどか(吉田羊)がビールをこぼす。
   ↓
桜子(咲妃みゆ)がまどか(吉田羊)と一緒に缶から溢れたビールを拭く。
   ↓
まどか(吉田羊)がセリフを言いながら左手を差し出すような仕草をするが、桜子(咲妃みゆ)はその差し出した手が何を求めているのか戸惑っている様子(演技??)だが、手に持っていたテッシュをまどか(吉田羊)の左手に渡してまどかの手を拭いてあげるような仕草をする。
   ↓
桜子(咲妃みゆ)はまどか(吉田羊)が自分のグラスに注ぎやすいようにサッとまどかのグラスをまどかの目の前に置くという気配りを見せる。(アドリブ??)
   ↓
そして今度はまどか(吉田羊)が左手に持っていたティッシュを早紀(深川麻衣)が素早く受け取り捨てる。

上手いですねー。

まどか(吉田羊)が缶ビールを開けてビールがこぼれるシーンは演出だけど、このティッシュを渡す連携プレーにはアドリブも多少入っているのかな。と感じました。

長いセリフまわしに、誰もが失敗してはいけないという女優同士の緊迫した空気が感じ取れます。

ちょっとハプニングっぽかったシーン

桜子がウエディングドレスでつまずくシーン

桜子(咲妃みゆ)が結婚式場で英治(塚本高史)に腹を立てて立ち去るシーン。

ウエディングドレスを着て立ち去る時に、ちょっとコケそうになりましたよね。演出なのか?

初めから「つまずく」という設定で、もしあれが演技だったら咲妃みゆさん上手いなーと思うシーンでした。

どうでもいいけどメモってみたシーン

パエリアの具

冒頭のシーンで桑野さんが作っていたパエリアの具。or 材料。

レシピはわからないけど、材料だけなら画面だけでピックアップできるぞ。

メモしました。

●ライス
●玉ねぎ
●白ワイン
●赤パプリカ
●黄パプリカ
●アスパラガス
●イカ
●ムール貝
●有頭エビ
●カットレモン

この作業、間違い探しみたいで意外と楽しいw

桑野信介の人情味が感じられるシーン

棟梁がコケそうになって桑野が心配するところ

棟梁がメモ紙を見ながら親戚の結婚式のスピーチの練習をしているところに、桑野さんが棟梁からメモ紙を取り上げていちゃもんを付けるというシーンがありました。

棟梁が「返せ」「返せ」と飛び跳ねていたら、棟梁が後ろにコケそうになって、慌てて桑野さんが「大丈夫か?」と駆け寄ろうとするシーン。

この場面もアドリブっぽく見えますけどどうなんでしょうか。

転びそうになるのを見て心配するのは普通なんじゃないかと思いますけど、

桑野信介がその「普通」を見せるとなぜか優しいって思ってしまいます。

不思議です。

桑野が姪っ子を「イイ子」だと父親に告げるところ

姪っ子ゆみ(平祐奈)の事をゆみの父親に

「ゆみは・・まぁ、イイ子だ。」と桑野が告げるシーン。

何だかんだ言って、桑野さんは姪っ子の事を理解していて、

決して親子関係に深く関わりたくはないが、

「ゆみはイイ子」という言葉に、ゆみのことを信じろという意味を含ませる。

その一言に託すあたりが桑野信介っぽい。

笑えるのにちょっとキュンとするラスト

桑野が画像投稿アプリに投稿した写真

画像投稿アプリに投稿する写真を、撮影機材を揃えてまで完璧に仕上げないと投稿したくない完璧主義な桑野信介(阿部寛)。

そして、英治(塚本高史)の結婚式の時に撮影された無数の画像を眺める桑野。

普通なら、こういう時は気を遣って結婚式の主役である英治が写っている写真を投稿するべき(?)ところが、

桑野が投稿した写真が・・・

なんと。

まどかがブーケに必死に食らいつこうとしている写真。

だった!!

ブーケに必死すぎるまどかもおもしろすぎるし、それにイイねがいっぱい付いてるのもおもしろい。

しかも、早紀(深川麻衣)が「桑野さん、人間の写真なんか投稿するかなー」と言ったあとに、

桑野が投稿した初めての人間の写真まどかがメインに写っている写真だった!

いいですねー。

本人(桑野)は気付いてないみたいですけど、

まどか(吉田羊)にちょっと興味をしめしてきている証拠じゃないですか?これは。

恋の予感ですよー。

ウキウキします。

最後に

桑野さんの姪っ子ゆいちゃんの父親(医者)の職場の若い医師が、メイドカフェにハマっているという話しをしているシーンで

桑野さんが

「医者のくせにナースよりメイドの方が趣味なのか。」

-関西テレビ放送(まだ結婚できない男) のセリフより引用

と言うところありましたね。

これも笑笑

たしかにそうよね笑

桑野さんがボソボソッと言うちょっとしたセリフの内容が面白かったりするので、細かく言えばもっと面白いとこはいっぱいありましたけど、きりがないのでやめました。

というわけで、

もうこのドラマも残り2話になってきました。

ここからたったの2話で桑野とまどかの進展はあるんでしょうか。

どうやって展開させるんだろう。

気になりますねー。

ドラマカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。