バナナラッシーにレモンは必須?レモンの代わりにグレープフルーツもおすすめ

バナナラッシーにレモンは必須?レモンの代わりにグレープフルーツもおすすめ

インドの飲むヨーグルト「ラッシー」は自宅でも簡単に作れるので良いですよね。ラッシーは牛乳と無糖ヨーグルトと砂糖とレモン汁を混ぜて作るのが基本ですが、レモン汁は必ず必要でしょうか?レモンなしで代わりになるものは色々ありますが、レシピサイトのレシピを参考に今回グレープフルーツを入れてみました。また、はちみつの代わりになるものも紹介しています。

バナナラッシーにレモンは必ず必要?

ラッシーはそもそも

●牛乳
●無糖ヨーグルト
●砂糖
●レモン汁

を混ぜたものが基本となっていますが

バナナラッシーの場合

レシピサイトを見ると
レモン汁が入っていないレシピが
結構多いです。

    ↓

ラッシーレシピ!バナナを使ったプロのバナナラッシーレシピ集まとめ

これを見ていただくとわかりますが
「ナディア」「E・レシピ」
「DELISH KITCHEN」さん等は
レモン果汁が材料の中に入っていません。

なので、

バナナラッシーに
レモン果汁は必須じゃない。

ということになります。

好みなので自由にアレンジしても良い
ですね。

バナナラッシーにはレモンの代わりにグレープフルーツもおすすめ

今回私はバナナラッシーを作ろうと思って
材料を買い出しにでかけました。

そして、レモンの代わりになるものを
探しました。

というのも、私はレモンがちょっと苦手です。

ラッシーのレモン汁にこのポッカレモンがよく

   ↓

使われていますが、このポッカレモンは
生のレモンよりも苦手です(≧▽≦)

バナナラッシーにはレモン汁を入れなくても
作れますが、レモンのような

ちょっとアクセントになるものが欲しいと思
ったので

レモンの代わりになるものを探すことにしました。

そこで目にしたのがグレープフルーツです。

バラ売りで100円程度でしたし、

酸味もあるのでちょうど良いかな。と思いました。

そこで、以下の材料を買い揃えました。

● 牛乳
● バナナ
● プレーンヨーグルト
● グレープフルーツ

牛乳は東北森永乳業の成分無調整牛乳。

安いので結構これを買っています。

200mlあたり137キロカロリー。

ヨーグルトはトップバリュの

「脂肪をひかえたビフィズスプレーンヨーグルト」

カロリーは100グラムあたり45キロカロリー。

グレープフルーツ入りバナナラッシーレシピ

レシピの材料の分量はこの中から参考にしました。

    ↓

ラッシーレシピ!バナナを使ったプロのバナナラッシーレシピ集まとめ

【材料(2人分)】

●バナナ・・・1本
●無糖ヨーグルト・・・100ml
●牛乳・・・100ml
●グレープフルーツ・・・1/8カット
●オリゴ糖・・・大さじ1/2

【作り方】
①バナナは皮をむき、一口大にカットする。
②グレープフルーツは1/8にカットして
 皮をむく。
③材料を全てミキサーにかける。
④グラスに注いで完成!

ちなみに、バナナラッシーはバナナの甘みだけで
十分いけるので、いつもは砂糖は入れないのですが

今回使用したバナナ1本が小さかったので

今回は甘みを足しました。

私ははちみつをあまり好んで使わないので
はちみつの代わりにオリゴ糖を使ってます。

韓国の料理研究家のファン・インソンさんが
さんま御殿に出演されていた時に

料理にはオリゴ糖がおすすめ。

とコメントされてるのを見て、
それをきっかけに

ずっとこのオリゴ糖を使ってるんですけど、
すごくいいです。

   ↓

はちみつよりクセがないし何にでも使えます。
てんさい糖なので甘さもくどさがなくて
自然な感じ。

通販だと1kg 1,000円くらいですが、

スーパーだともっと安く買えると思います。

おすすめですよ(^-^)

おわりに

あと、最後にラッシーをグラスに注ぐ時

氷をグラスに入れてからラッシーを
注ぐレシピもありますが、

ラッシーに氷を入れるのはあまり好き
じゃない。という場合は

ラッシーを作る前に材料を全部冷蔵庫で
冷やしておいてから作るといいです。

あと、バナナを事前に凍らしてから
作るのもおすすめ。

シャリシャリしててバナナラッシー全体
も冷たくなるのでさらに美味しくなります。

ぜひ試してみてください~ヾ(^∇^)

料理・レシピカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。