ゆで卵にひびが入るのは何故?ゆで卵のひび割れを防ぐ方法は?

ゆで卵にひびが入るのは何故?ゆで卵のひび割れを防ぐ方法は?

ゆで卵を茹でている時になぜか卵の殻にひびが入ってうんざりすることないですか?中から白身が出て、白身がニョロっと飛び出て見た目がめっちゃ気持ち悪い。

食べられないこともないけど、ちょっと嫌ですよね。これはなんとかしなきゃと思って調べました。

そして私は卵にひびが入る理由と卵のひび割れを防ぐ方法を知ってからはストレスフリーで卵を茹でられるようになりましたよ!

そこで今日は、殻が割れないようにゆで卵を作るにはどうしたら良いのか、卵にヒビが入らないように卵を茹でる方法。などなど。皆さんにも伝授したいと思います。

ゆで卵にひびが入る?まずは理由を知っておこう

私は以前、卵を茹でるときに卵にヒビが入るのは、ゆでる卵の数と鍋の大きさのバランスが合わなくて、卵同士がぶつかって、それでカラが割れているんだとばかり思ってました。

そしてある時試しに小さな鍋に卵を1個だけ入れて茹でてみたんです。

そしたら、他に卵がないにもかかわらず、その卵はピキッと割れて殻にヒビが入ったんですよ。

あれー?どこにもぶつかってないのになんでヒビが入るの?と思って、調べてみたのがはじまりでした。

それでは、卵を茹でる時に卵の殻にひびが入ってしまうのは何故なのでしょうか。

その理由は、冷蔵庫から取り出したばかりの、冷えた卵をすぐに茹でているからです。

冷えた卵を茹でると、その急激な温度差で卵の殻にヒビが入ってしまいます。

これは、冷たい卵をお湯で温めることによって卵の中の空気が膨張して、それに耐えきれず卵の殻がパンっと破裂してしまうんですね。

これが、卵の殻が茹でている最中に割れてしまう原因なのです。

ゆで卵の殻にひびが入らないように茹でる方法

それでは、具体的にどのように茹でると卵の殻にひびが入らずに綺麗に茹でる事ができるのでしょうか?

①卵を茹でる前に常温に戻しておく

一番いいのは、茹でる前に卵を室温に戻しておくことです。私はゆで卵をひんぱんに作るので、冬は卵は冷蔵庫に入れず、暖房の効いていないキッチンの棚に置いてます。

スーパーでも常温で置いてますしね。冬なら大丈夫。

ちなみにスーパーで卵が常温で売られている理由って知ってますか?

気になったことはないですか?

スーパーで常温で売られている理由は、卵は温度変化に非常に弱いからなのだそうです。

冷蔵すると卵の表面に結露が付着します。冷蔵庫から外に出して置いておくと卵の殻の表面に水滴が付いていることありますよね?

あの結露ができるとサルモネラ菌などのバイキンが発生して卵の殻の粒子のように細かい小さな穴からそのバイ菌が入り込んで、卵が痛んでしまうらしいのです。

そのため、スーパーでは結露がつかないように常温で売られているんだそうですよ!

へー。ってカンジですよね。

話しがそれちゃいましたが、
それでは、夏の暑いときにはどうしているのかというと、

夏は暑くなって蒸した部屋に卵を置いておくのは痛んでしまうリスクがあって危険なので、(私はこれやって卵を腐らせてしまったことがあります。要注意!!)エアコンの効いた部屋に置くか、冷蔵庫に入れておきます。

冷蔵庫に入れておいた場合は、茹でる前に冷蔵庫から取り出して、たまごが常温に戻るまで外に出しておきましょう。

②水から茹でる

とは言っても、ふつう卵は冷蔵庫に入れて保管していることのほうが多いと思います。

大体そうですよね。卵の専用ポケットあるし。

冷蔵庫から取り出して常温に戻るまで待つにはその時の室温の状況もありますが、最低でも1時間くらいはかかると思います。

なので、冷たい卵のまま茹でる方法もあります。

それは、水から茹でる。という方法です。

冷蔵庫から取り出したばかりの冷えた卵をそのまま鍋に入れてそこに水を入れます。

そして火をつけてじっくり茹でていく。という方法です。

ですが、これは火加減に気を付ける必要があります。

水から茹でるにしても、水の温度を急に上げると温度差がでてしまうので火加減の調整が悪いと結局ひびが入ってしまいます。

私は水から茹でてもこの調整が難しくてダメでした。

水から茹でてもまぁまぁな確率でひびが入るし、何より火加減の調整なんてめんどくさいです。

やっぱり一番いいのは事前に常温に戻しておくことです。

これ確実。

でも、ゆで卵作ろう!って思う時ってすぐ茹でてすぐ食べたいですよね。

冷蔵庫から出して
  ↓
常温になるまで数時間戻しておいて・・・
  ↓
って待てないよ!おい!ヽ(`Д´)ノ


ってなりますね。そりゃそうです。

こんな時は、ぬるま湯にしばらく付けておくと早いです。

ぬるま湯はキッチンの蛇口からお湯が出る場合はそのお湯を使います。

蛇口からお湯が出ない場合は夏であれば水だけでもいいし、

早く戻したいなら鍋に水を入れて少しだけ水を温めてから火を止めます。どのくらいの温度かというと、ぬるま湯なので手で触れられる程度の温度です。

卵を触ってみて人肌くらいに戻っていればOK。

そこに卵を入れてしばらく置いておけばいいです。

そうすることで、早めに常温に戻すことができます。

③ゆでる時にお酢または塩を入れて茹でる。

卵を茹でる時にお酢または塩を入れてゆでるでひび割れを防ぐことができます。

私はこれはあまりやっていないのですが、(卵はほとんど常温で保存しているので)

沸騰しているお湯に「酢」を入れて、冷蔵庫から取り出したばかりの冷えた卵を入れて茹でます。もちろん、水から茹でても大丈夫。

これで今のところひび割れしたことはないのでかなり有効な方法だと思います。

お酢とか塩を入れて味に影響はないの?

お酢と塩を入れて一緒に茹でても卵の味に影響はまったくないです。大丈夫です。

お酢」または「塩」はどのくらいの量を入れれば良いの?

これはですね、適量です。

水が1リットルに対して「お酢」は大さじ1くらい。「塩」はひとつまみくらい。です。

テキトーで大丈夫ですよ。私はいつもテキトーに入れてますけど問題なし。

もちろん、ドバドバッと入れるとお酢も塩ももったいないのでよろしくないですけど

チョロっと滴らせばオッケーです。間違って入れすぎても味に影響はないので大丈夫。(←経験あり。あせりましたケド)

まとめ

余談が入ってごちゃごちゃっとしてしまったのでポイントだけまとめますね^^;

冷蔵庫から取り出したばかりの冷えた卵は茹でる前に室温に戻してからゆでる

冷蔵庫から取り出したばかりの冷えた卵はぬるま湯で常温に戻してからゆでる

冷蔵庫から取り出したばかりの冷えた卵は水から茹でる

冷蔵庫から取り出したばかりの冷えた卵はゆでる時にお酢または塩を入れてゆでる

こんな感じです。

これで、ゆで卵にひびが入るというストレスから開放されますよ!

料理・レシピカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。